中国:10月のHSBC製造業PMI、51.1に上昇-4カ月ぶり拡大

中国の製造業活動を測る10月の 指数(速報値)は、活動が4カ月ぶりに拡大に転じたことを示した。 前月までの3カ月連続の縮小は2009年以来の長さだった。新規受注と 生産の指数回復が寄与した。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが24 日発表した10月のHSBC中国製造業購買担当者指数(PMI)速報 値は51.1と、5カ月ぶりの高水準。9月と8月はいずれも49.9だっ た。同指数は50を上回ると製造業活動の拡大を示すとされる。

中国PMIに加え、この日発表された日本の9月の貿易収支で輸 出の伸びがエコノミスト予想を上回ったことは、欧州のソブリン債危 機に対する日中両国経済の抵抗力を示唆している。

MFグローバル・ホールディングスのアジア担当チーフエコノミ スト、ルイス・クイス氏(香港在勤)は「欧米で極めて弱い経済成長 が見込まれていても、完全なリセッション(景気後退)に陥らない限 り、アジア全般、特に中国やインド、インドネシアといったより規模 が大きく内需主導型経済の国々は持ちこたえるはずだ」と指摘、「この 日のPMI統計は、中国の製造業部門が世界的な景気減速にいかに良 く耐えているかを浮き彫りにしている」と付け加えた。