中国は成長率目標の引き下げを、発展研究センターの巴氏-金融時報

中国国務院発展研究センター金融 研究所の巴曙松副所長は、世界経済の「緩やかな」二番底リセッショ ン(景気後退)の可能性に対処するため、中国が経済成長率の目標を 引き下げ、財政支出を拡大し、量的な手法ではなく物価に絡んだ手段 の活用を重視すべきだと呼び掛けた。中国人民銀行(中央銀行)系の 新聞、金融時報が報じた。

巴副所長は、外貨準備が積み上がるのを抑制するため、中国の国 有銀行は新興国事業に投資するファンドを米国か欧州連合(EU)と 設立することを検討する必要があるとも述べたという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Victoria Ruan in Beijing at +86-10-6649-7570 or vruan1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jason Clenfield at +81-3-3201-2484 or jclenfield@bloomberg.net