【個別銘柄】資源、半導体関連、HDD、設備投資、オリンパ、東電

きょうの日本株市場で、株価変動 材料のあった銘柄の終値は以下の通り。

資源関連株:三菱商事(8058)が前週末比3.3%高の1527円、国 際石油開発帝石(1605)が3%高の51万8000円、住友金属鉱山 (5713) が5.1%高の1058円。欧州の危機対応の進展期待から、21日のニュー ヨーク商業取引所の原油先物は1.6%高の1バレル=87.40ドルで終 了。銅先物は5.4%高の1ポンド3.223ドルと、中心限月としては2009 年6月1日以来の大幅高となった。投資家のリスク回避姿勢の後退を 受けた商品市況高で、関連企業の業績にも好影響が及ぶと見られた。

半導体関連株:大日本スクリーン製造(7735)が6.8%高の597 円、エルピーダメモリ(6665)が4%高の493円、アドバンテスト(6857) が5.2%高の893円など。10-12月期の売上高予想が市場予想を上回 ったとし、米半導体メーカー大手のアルテラが急騰するなど米半導体 関連株の値動きを示すフィラデルフィア半導体指数が21日の取引で

2.3%高と反発。海外株高の影響が日本の関連銘柄にも波及した。

HDD関連株:TDK(6762)が8.3%高の2967円、日本電産(6594) が4.1%高の6160円など。ゴールドマン・サックス証券は21日、米 電子部品大手のシーゲイトの21日の決算を受け、日本のHDD関連銘 柄への極端な悲観論が後退した印象、と指摘した。シーゲイトは同日、 7-9月期の一部の商品を除いた1株当たり利益がアナリスト予想を 上回ったほか、投資判断の引き上げが相次いだことなどで、株価が前 日比28%高と急騰した。

設備投資関連:ファナック(6954)が3%高の1万2540円、コマ ツ(6301)が4.2%高の1778円など。英HSBCホールディングスと マークイット・エコノミクスが24日発表した10月のHSBC中国製 造業購買担当者指数(PMI)速報値は51.1と、5カ月ぶりの高水準 となった。中国の設備投資が回復基調に転じるとの期待から、関連銘 柄に買いが膨らんだ。

ナブテスコ(6268):6%高の1748円。ゴールドマン・サックス 証券は21日、投資判断を「中立」から「買い」へ引き上げた。主力の 精密機器事業は産業用ロボットの需要拡大があるほか、大半の製品を 円建てで販売しており、円高の業績への影響が軽微であることから投 資妙味は大きい、と指摘している。12年3月期の連結営業利益予想を 245億円から252億円に引き上げた。

ブリヂストン(5108):4.1%高の1764円。12年から16年の中期 経営計画を21日発表。12年の売上高目標を従来から約9%引き上げ、 3兆6000億円を計画するとした。12年の営業利益も従来比約8%上 積みし、2700億円を見込む。投資額は過去最大の年間3000億円とし、 米国や中国の工場に充当する。

オリンパス(7733):11%安の1099円。英資産運用会社ベイリー・ ギフォードは21日、オリンパスの予想外の経営陣交代と「財務上の不 正が指摘されている」ことを「非常に懸念している」との声明を発表。 また、同社の3位株主であるサウスイースタン・アセット・マネジメ ントは20日、オリンパス取締役会に対し書簡で、ジャイラス・グルー プなどの企業買収に関する追加情報を11月16日までに提供するよう に求めた。株主、投資家の間で経営不透明感が広がっており、一時1012 円と1998年3月以来の安値を付けた。

東京電力(9501):8%高の284円。支援機構と策定する「緊急特 別事業計画」に、今年度内に約3000億円の保有株売却を盛り込む方向 で調整していることが明らかになった、と22日付の日本経済新聞夕刊 が報道。また、東電と原子力損害賠償支援機構は福島第1原子力発電 所事故の賠償原資に充てるため、東電が海外に保有する原子力発電の 燃料となるウランの鉱山権益のすべてを売却する方向で調整している、 と24日付の読売新聞朝刊が報じた。資産リストラの進展を材料視する 買いが膨らんだ。

不二越(6474):6.6%高の453円。クレディ・スイス証券は24 日、訪問取材で海外子会社が好調であるほか、工作機械事業が上振れ することなどから、11年11月期の計画達成は可能とのコメントが聞 かれたと投資家向けリポートで報告。タイの洪水の影響もなく、自動 車向けロボット需要に関しては13年までのプロジェクトが見えてい るもようと指摘した。

JSR(4185):午後に急伸し、4.8%高の1440円。きょう午後1 時に発表した4-9月期の連結営業利益は前年同期比3%減の195億 と小幅に減益だったが、従来計画の170億円から上振れて着地した。 液晶ディスプレイ(LCD)用材料などは低迷したが、自動車タイヤ、 多機能携帯端末などの需要が拡大、産業用ラテックスの売上高は前年 同期を上回っており、足元の業績出直りを好感する買いが入った。

THK(6481):5.6%高の1514円。ゴールドマン・サックス証券 は21日、投資判断を「中立」から「買い」へ引き上げた。中国工作機 械メーカーの開拓や工作機械市場そのものの拡大で、工作機械受注が 底堅く推移する限り、単独受注が金融危機後の水準まで下落すること は考えにくいと指摘。足元の株価水準は、相当の受注減速を既に織り 込んだ水準にあると見ている。

東邦ガス(9533):5.9%安の461円。JPモルガン証券は21日、 同社の投資判断を「中立」から「アンダーウエート」に下げた。足元 で業務用、家庭用需要が前年同期比で減少していることを考慮したほ か、中間期での上方修正を織り込んだ同証業績予想に対しても割高感 が鮮明になった、としている。

ヤフー(4689):1.6%高の2万5200円。4-12月期(第3四半 期累計)の連結業績予想を21日に開示、営業利益は1206億円-1230 億円のレンジとした。前年同期比では最大4.9%の増益見込み。一方、 広告売り上げの増加、ゲーム関連サービスの売り上げや「Yahoo!リク ナビ」、「Yahoo!不動産」など情報掲載サービスの伸びも寄与し、4- 9月期の連結営業利益は前年同期比4.4%増の794億円だった。

日立造船(7004):2.7%安の107円。受注高の減少やインフラ部 門の採算悪化などが響き、4-9月期の連結営業利益は前年同期比 66%減の16億円となり、従来計画の40 億円から6割下振れたもよう、 と21日に発表した。

ヤマトマテリアル(7620):ストップ高となる80円(20%)高の 472円。MBO(マネジメント・バイアウト)で非公開化する、と21 日に発表。その一環で、森川企画が行うTOB(株式公開買い付け) に賛同の意を表明した。TOB価格は1株当たり585円、買い付け代 金は最大22億円。TOB価格へのさや寄せを見込む買いが膨らんだ。

ワコム(6727):6.4%高の10万200円。グラフィックス向け液晶 タブレット、iPad向けスタイラスペンなどが想定以上に売り上げ を伸ばし円高の影響を吸収、4-9月期の連結営業利益は従来計画の 4億 円に比べ2.2倍となる8億9000万円になったもよう、と21日に 発表した。前年同期比では、減益率が25%に縮小した。

エキサイト(3754):11%高の7万6500円。ネット広告事業のて こ入れで損益の改善幅が想定を上回ったとし、4-9月期の連結営業 利益は従来予想の9000万円に対し、1億1000万円前後になったもよ うと22日付の日経新聞朝刊が報道。前年同期は7700万円の赤字。婚 活などをテーマとした専門サイトなどの課金収入も伸びたという。

ゼンリン(9474):4.3%高の733円。4-9月期の連結営業損益 が3億円の黒字と、従来計画の9億円の赤字から一転したもようと21 日に発表。前年同期は17億5000万円の黒字。PNDの販売などカー ナビゲーション用データの売り上げが計画通りに推移したほか、経費 抑制などが寄与した。

ツクイ(2398):3.5%高の994円。在宅介護事業で新規デイサー ビスセンターの立ち上がりが順調、既存店の利用率も底上げされ、人 材開発事業の委託、 職業紹介も伸びた影響で、4-9月期の単独純利 益は前年同期比85%増の11億3000万円と、従来計画の8億7100万 円から3割上振れたもよう、と21日に発表した。

サーラ住宅(1405):11%高の405円。震災の影響で第4四半期に 売り上げが集中したほか、前期から継続する原価低減努力が効き、11 年10月期の連結営業利益は前期比74%増の7億1000万円と、従来計 画の4億円から78%上回ったもようと21日に発表。1株当たり年間 配当計画もこれまでの12円から21円に増やすとし、足元の業績堅調 と株主還元姿勢を好感する買いが膨らんだ。

ファーマフーズ(2929):13%安の3万1350円。機能性素材を採 用した健康食品「バリフル」の発売を中止する、と22日に発表。一部 報道で、誤解を生じさせるような情報が発信され、リスクを回避する ために販売を見合わせるとした。時事通信は17日、同社と京都府立医 科大の研究グループがインフルエンザ感染を抑制する抗体を卵黄から 作成することに成功、ファーマFとミヤリサン製薬(東京)が同抗体 入りのトローチを開発し、販売を始めたと報じた。トローチはなめ終 わった後も1、2時間は効果が持続するという。

--取材協力:渡辺美慧 Editors:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 岩本正明 Masaaki Iwamoto +81-3-3201-8343  miwamoto4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net