国連食糧農業機関:東南アジアの洪水で一部で深刻な食料不足の恐れ

国連食糧農業機関(FAO)は東南 アジアの一部の地域について、洪水で水田や他の作物が打撃を受けた結 果、「深刻な食料不足」に直面するとの報告書を発表した。

FAOの21日付の報告書によると、稲作農地の被害はタイで 約12.5%、フィリピン6%、カンボジア12%、ラオス7.5%、ベトナ ム0.4%となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE