日仏首相:欧州債務問題を含め世界経済への対応で協力-首脳会談

野田佳彦首相は23日午後、官邸 でフランスのフィヨン首相と会談し、欧州の債務問題や世界経済の安定 化に向け、最大限の協力を行うことで一致した。両首脳が会談後の共同 記者会見で明らかにした。

フィヨン首相は、23日と26日に行われる「EU(欧州連合)首脳 会議で期待通りの結果を得ることができれば、ユーロ圏の信頼が取り戻 され、カンヌ・サミットは世界経済が再成長するためのスタートの象徴 的な会議となり得る」と述べた。

また両首相は、東京電力福島第一原発事故を受け、両国が原子力の 安全基準強化に協力するため、原子力・エネルギー政策に関する日仏共 同宣言をまとめた。日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EP A)交渉の開始と締結に向けた協力でも一致した。

一方、両首脳は日仏情報保護協定にも署名。テロや大量破壊兵器関 連情報といった秘密情報の交換が円滑・迅速化され、政治・安全保障面 の協力を促進する。

野田首相は24日にウルフ独大統領、25日にはキャメロン英首相と の会談を控えており、来週、仏カンヌで開催される20カ国・地域(G 20)首脳会議に向け、意見交換する予定だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE