中国株(終了):下落、景気減速と金融引き締めを懸念-資源株安い

中国株式相場は下落。上海総合 指数は週間ベースで5カ月ぶりの大きな下げとなった。国内の景気減 速と金融引き締めが企業収益を圧迫しつつあるとの見方が強まった。

中国最大の石油会社ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH) は1カ月ぶりの安値に下落。同社は製油事業で今年500億元(約 6000億円)余りの損失が発生する可能性があると発表した。エン州 煤業(600188 CH)を中心に石炭株も値下がり。重機メーカーの三 一重工(600031 CH)も安い。

一方、中国民生銀行(600016 CH)は1.9%高、華夏銀行 (600015CH)は2%の値上がり。中国財政省が上海などの一部の地 方政府に地方債の自主発行を認めると発表したことが買い材料。

ライオン・ファンド・マネジメント(諾安基金管理)のファンド マネジャー、梅律吾氏は「中国の景気減速は企業の10-12月(第4 四半期)と来年の収益に打撃を与える」との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比14.09ポイント(0.6%)安の2317.28で終 了。週間騰落率はマイナス4.7%と、5月27日終了週以来の大きな 下げとなった。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は 前日比0.5%安の2507.88で引けた。

--Irene Shen. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 or hsekine@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-3049 or ishen4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Allen Wan at +86-21-6104-3041 or awan3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE