白川日銀総裁:足元で市場における緊張は幾分和らいでいる

日本銀行の白川方明総裁は21日午 後、都内で開かれた全国信用組合大会であいさつし、欧州ソブリン問 題について「欧州の当事者により、この問題への対応が進められてい ることもあって、足元市場における緊張が幾分和らいでいるように見 受けられる」と述べた。

白川総裁は続けて、「しかし、市場の信認を得るためには、財政の 立て直しや金融システムの安定化に向けて、さらなる取り組みを着実 に実行していくことが不可欠だ」と語った。

国内の金融システムについては、「全体として安定性を維持してい る」としながらも、「内外の金融経済情勢は不確実性の高い状況にあ る」と述べた。また、「欧州の財政問題を背景に国際的な金融資本市場 が神経質な状況にあるなかで、外貨建債券をはじめとする有価証券に かかるリスク管理が一層重要になっている」と指摘した。

日本経済の現状については「持ち直しの動きを続けている」と述 べた。先行きについては「日本経済は、緩やかな回復経路に復してい くと考えられる」としながらも、「世界経済が全体として減速し、しか も円高圧力が強まりやすいもとでは、日本経済の先行きについて、下 振れリスクを意識する必要がある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE