NY原油時間外:上昇-米景気回復の兆しと欧州債務危機対策期待で

ニューヨーク原油先物相場は21 日の時間外取引で上昇。週間ベースでは3週間ぶりの下落になりそう だ。米景気回復の兆しが出ていることと欧州債務危機対策期待を材料 にしている。

原油先物相場は一時、0.5%上昇した。米フィラデルフィア連銀 が発表した10月の同地区製造業活動が予想外に拡大したほか、ユーロ 圏各国が債務危機封じ込めのために1兆3000億ドルの資金の配分をど うするか協議した。リビア国営石油会社は最高指導者カダフィ大佐が死 亡したことで、原油生産を通常の水準に戻す動きが促進されるとの見方 を示した。

原油先物12月限は一時、43セント高の1バレル当たり86.50ド ルを付けた。シドニー時間午前9時41分(日本時間同7時41分) 現在、86.36ドルで推移している。前日の通常取引は0.3%安の

86.07ドルで引けた。相場は今週に入って0.5%、年初来では

5.5%それぞれ下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE