9月の英消費者信頼感指数、4カ月連続で低下-ネーションワイド

英国の9月の消費者信頼感指数は、 失業増とインフレ加速を背景に4カ月連続で低下した。英住宅金融会 社ネーションワイド・ビルディング・ソサエティーが21日発表した。

発表資料によると、9月の消費者信頼感指数は前月比3ポイント 低下の45と、4月以来の低水準となった。景気見通しを示す期待指数 は62で、前月の65から低下した。

4-6月(第2四半期)の英国内総生産(GDP)は前期比0.1% 増にとどまった。一方で6-8月に失業率は15年ぶり高水準に達した。

ネーションワイドのチーフエコノミスト、ロバート・ガードナー 氏は発表資料で、「厳しい経済情勢を踏まえると、こうした相対的に弱 い調査結果は理解できる」と指摘した。

景気の現状に対する見方を示す現況指数は2ポイント低下の21。 消費意欲を示す指数も2ポイント低下の77となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE