【個別銘柄】商社、保険、オリンパ、富士重、日管センタ、メイコー

きょうの日本株市場で、株価変動 材料があった銘柄の終値は以下の通り。

商社株:三菱商事(8058)が前日比2.5%安の1478円、三井物産 (8031)が3.3%安の1057円など。欧州債務問題をめぐる先行き不透 明感から、20日のニューヨーク原油先物相場が続落し、ロンドン金属 取引所(LME)の銅先物は前日比6.6%安と急落。市況安を通じた 収益への悪影響が懸念された。ゴールドマン・サックス証券が20日、 大手商社の業績予想や目標株価を引き下げた影響も出た。三菱商に関 しては、目標株価を2260円から2050円に修正。

保険株:東京海上ホールディングス(8766)が4.1%安の1763円、 MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)が

3.7%安の1518円、ソニーフィナンシャルホールディングス(8729) が5.1%安の1146円など。ジェフリーズ証券は21日、東京海上Hの 投資判断を「買い」から「アンダーパフォーム」に、MS&ADを「ホ ールド」から「アンダーパフォーム」に下げた。また、ゴールドマン・ サックス証券では20日、ソニーFHの判断を「買い」から「中立」に 見直した。ゴールドマン証はソニーFHについて、足元業績は堅調だ が、生保セクター全体で上値が重い展開が予想される中、損保株を上 回るパフォーマンスは困難、と指摘した。東証保険株指数は3.5%安 で、東証1部33業種の下落率1位。

オリンパス(7733):6.8%安の1231円と6日続落。終値では1999 年12月1日以来の安値となった。前日に続き、朝方は上昇場面もあっ たが、経営の先行き不透明感から徐々に売りに押された。解任された マイケル・ウッドフォード前社長はロンドン警視庁に自身の保護を求 め、西欧の株主が同社会長の辞任を要求していることを明らかにした、 とロイター通信が20日に報じた。

富士重工業(7270):3.2%高の484円。JPモルガン証券は20 日、投資判断を「中立」から「オーバーウエート」に引き上げた。収 益性悪化を見込むインドや中国などの新興国へのエクスポージャーが 少なく、既に円高の大部分を織り込んだ同社株は、ダウンサイドより アップサイドが高まったとしている。

トヨタ紡織(3116):1.6%安の967円。成長ドライバーの不足を 指摘し、JPモルガン証券は20日、投資判断を「オーバーウエート」 から「アンダーウエート」に、目標株価を1500円から950円に下げた。

塩野義製薬(4507):2.3%安の1085円。クレディ・スイス証券は 21日付のリポートで、米子会社が販売する主力3製品の新規処方発行 枚数が伸び悩んでいるとし、2012年3月期業績は会社計画を下回るリ スクがある、と指摘した。同証では、今期営業利益を540億円と予想、 会社計画は580億円。投資判断「中立」と目標株価1200円は継続した。

シンプレクス・ホールディングス(4340):3.8%高の2万6150 円。UMS事業(金融商品のネット取引支援サービス)が計画を上回 って推移、4-9月期の連結売上高は従来予想の76億8000万円を上 回り、前年同期比22%増の81億5600万円になったもようと20日に 発表。収益環境の良好さを評価する買いが先行した。

SUMCO(3436):2.7%高の736円。バークレイズ・キャピタ ル証券は20日付で、投資判断「イコールウエート」、目標株価940 円 で調査を開始した。収益基盤強化策の施行に伴い、今後3年程度は順 調に収益が拡大する公算が大きい、と指摘している。

品川リフラクトリーズ(5351):5.4%高の214円。震災後の顧客 先操業の回復が当初想定以上に進み、12年3月期の連結営業利益は従 来計画の60億円から1割上振れ、前期比8.6%増の66億円になる見 通し、と20日に発表した。

キヤノン電子(7739):5.7%安の2004円と続落。レーザースキャ ナーユニットやレーザープリンターの売り上げ不振が響き、1-9月 期の連結営業利益が前年同期比22%減の86億円だった、と19日に発 表したことを受け、売り圧力が続いた。

NTN(6472):1.7%安の341円。野村証券は20日、投資判断を 「買い」から「中立」に、目標株価を450円から400円に引き下げた。 競争力が高い等速ジョイントの拡販は期待できるが、売り上げ成長は 従来ほど見込めないとの認識を示した。

日本管理センター(3276):大証ジャスダック市場にきょう新規株 式公開(IPO)し、公開価格と同水準の1600円で初値を付けた。そ の後は買い優勢で、1711円で終了。オーナーから賃貸マンションやア パートなどの不動産物件を一括して借り上げ、一般入居者に転貸する 事業を手掛ける。11年12月通期の予想1株当たりの純利益は275円 を計画、公開価格ベースの予想PER(株価収益率)は5.8倍。

メイコー(6787):14%安の645円。中国の連結子会社、名幸電子 有限公司の第2工場(スマートフォン向け基板専用工場)が環境アセ スメントに係る許認可手続きの問題で、武漢市の指導により18日から 操業を停止した、と20日に発表。現在は手続きの是正措置を実施中で、 完了次第、操業を再開するという。動向を見極めたいとして、いった ん持ち高を整理する売りが広がった。

パナホーム(1924):2.6%高の560円。建築請負売り上げが堅調 に推移し、4-9月期の連結営業利益は従来予想の43億円を上回り、 前年同期比57%増の50億円になったもようと20日に発表した。

エンプラス(6961):8.6%高の1561円。円高による採算悪化で、 4-9月期の連結営業利益は従来予想の3億円を下回り、前年同期比 80%減の2億円にとどまったもようと20日に発表したが、みずほ証券 では投資判断「中立」を維持。13日に付けた年初来高値からの急激な 調整の反動、前期の1株純資産1821円を下回る状況から買いが入った。

小松ウオール工業(7949):6.2%高の699円。4-9月期の単独 営業損益は8000万円の黒字(前年同期は6億8400万円の赤字)にな った、と20日に発表。都内を中心としたオフィスビルや、工場など生 産施設で間仕切りなどの需要が堅調だった。また、発行済み総数の

2.89%に当たる30万株、金額で3億円を上限に自社株買いを行う。取 得期間は21日から12月31日まで。

--取材協力:渡辺美慧  Editors:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 河野敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net