ユーロ圏財務相会合:ギリシャ融資第6弾、58ユーロの実行を承認

ブリュッセルで21日開かれた ユーロ圏財務相会合では、昨年合意したギリシャ救済策の一環として、 同国への融資第6弾(58億ユーロ)が承認された。欧州当局者はギ リシャ国債の評価額引き下げを含む新たな同国の支援策について、協 議を再開した。

第2次ギリシャ支援の焦点は債券保有者の関与だ。規模は 1590億ユーロと、第1次(1100億ユーロ)を上回り、このうち債 券保有者の負担は500億ユーロとなっている。ユーロ圏当局者は7 月に第2次ギリシャ支援に合意した時点で、債券保有者に対して 21%のギリシャ債のヘアカット(債務減免)を求めていたが、現在 はそれ以上の負担を求めている。

ユーロ圏財務相は21日、「現行の経済調整プログラムに基づ くギリシャ支援次回分実行で合意した」と述べ、「債務の持続性を確 保するため、ギリシャに対する新たな経済調整プログラムでは、追加 の公的支援と民間部門の関与を適切に組み合わせる」との共同声明を 発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE