ブレイナード米財務次官:EFSFの機能拡充を-危機対策で

ブレイナード米財務次官は20 日、債務危機の波及阻止に向けて十分な融資能力を提供するため、欧 州金融安定ファシリティー(EFSF)の機能拡充が必要だと指摘し た。

ブレイナード次官は上院銀行委員会の小委員会で証言し、「EF SFは機能拡充が必要になる」と発言。「それを実施するにはさまざ まな方法があり、実現は可能だ。こうした目標は今ある資金で達成で きるが、その方法は重要事項の1つで、包括策を構成する一部になる だろう」と語った。

次官はEFSFの融資能力は「極めて重要だ」とし、イタリアと スペイン向けの十分な資金提供や欧州銀行の財務基盤増強、融資を受 けている国への資金供給継続につながると述べた。欧州の金融危機に ついては、「現時点で世界の景気回復に対する最も深刻なリスク」だ と評した。

また次官は「欧州の金融安定を取り戻すために断じて必要なこと は、連鎖的なデフォルト(債務不履行)や銀行取り付け騒ぎのリスク を取り除くことだ」とし、「市場を圧倒するには十分な効力と規模を 備える融資能力が必要だ」と強調した。