NY銅:20.05セント安の3.0575ドル-危機懸念で工業用金属大幅安

20日の銅など工業用金属相場は大幅 下落。欧州債務危機で世界の経済成長が損なわれ、原材料への需要が抑 制されるとの懸念が材料。

週末の欧州連合(EU)首脳会議を前に、フランスとドイツは欧州 債務危機への欧州中央銀行(ECB)の役割をめぐって対立している。

MFグローバルのシニア商品アナリスト、エドワード・メイア氏は リポートで、「欧州の対応策や中国への懸念が引き続き市場を圧迫して いる」と指摘。「強気筋にとっては事態は再び厄介なようだ」との見方 を示した。

ロンドン金属取引所(LME)の銅先物(3カ月物)は前日 比6.6%安の1トン=6735ドルと、9月22日以来の大幅安。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値は同6.2%安の1ポンド=3.0575ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE