EU銀行の必要資本は9.2兆円、値上がり国債で損失相殺なら-MFG

欧州の銀行は保有する一部国 債の値上がりでギリシャ債などの損失の相殺を認められた場合、その 資本必要額は868億ユーロ(約9兆2000億円)前後になると、M Fグローバルが指摘した。仏BNPパリバと英ロイヤル・バンク・オ ブ・スコットランド・グループ(RBS)は増資を免れる公算がある という。

MFグローバルのセールス・ディストリビューション責任者、サ イモン・モーン氏は20日、顧客にリポートを配布。相殺を認められ た場合もイタリアのウニクレディトは88億ユーロ、ドイツ銀行は 27億ユーロの追加資本が必要になるとの試算を示した。仏銀の中で 増資が必要なのはソシエテ・ジェネラルだと指摘した。

ただ、同氏は電話インタビューで「ギリシャ債で損失を被る全て の銀行が、利益の出ている他の資産を全て売却できるわけではない」 と述べた。

-Editors: Francis Harris, Keith Campbell

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Anne-Sylvaine Chassany in London at +44-20-7073-3132 or achassany@bloomberg.net; Liam Vaughan in London at +44-20 3216-4754 or lvaughan6@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Edward Evans at +44-20-7073-3190 or eevans3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE