インド株(終了):センセックス指数、下落-来週の利上げ観測で

インド株式相場は下落。今週 3日目の下げとなった。根強いインフレへの対応でインド準備銀行 (RBI、中央銀行)が来週に利上げ継続を余儀なくされる可能性 があり、これが業績見通しを脅かすとの懸念が強まった。

住宅金融でインド最大のハウジング・デベロップメント・ファイ ナンス(HDFC)は1カ月ぶり大幅安。不動産開発で国内最大手の DLFは2週間で最大の下げ。国内2位の二輪車メーカー、バジャ ジ・オートは1.4%安。7-9月(第2四半期)利益がアナリスト予 想を下回ったことが嫌気された。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比0.9%安 の16936.89で終了した。

ケジリワル・リサーチ・アンド・インベストメント・サービシズ のディレクター、アルン・ケジリワル氏は、「高いインフレ率と政策 金利に加え、世界景気の不透明感で投資意欲が失われている」と説 明。さらに「中銀には利上げしか選択肢はない」と述べた。同氏は 25日の政策決定会合で0.25ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)の利上げを見込んでいる。

インド中銀は先月、2010年初め以降で12回目の利上げを実施。 同国のインフレ率は昨年12月以降、9%を超える水準で高止まりし ている。

HDFC(HDFC IN)は4.3%下げ644.95ルピーと、先月22 日以来の大きな下げ。DLF(DLFU IN)は3.6%安の230.60ル ピー。バジャジ・オート(BJAUT IN)の終値は1613.55ルピーと なった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE