資本主義は「存続する資格」失うリスク-ゴア氏ファンドの共同創業者

【記者:Simon Clark】

10月20日(ブルームバーグ):「ウォール街を占拠せよ」のスロ ーガンを掲げる活動を支持し、ロンドンで抗議行動に加わる人々は恐 らく正しく、資本主義は「存続する資格」を失うリスクがあると、ジ ェネレーション・インベストメント・マネジメントのデービッド・ブ ラッド氏が警告した。

ゴールドマン・サックス・グループに18年勤務した後、ゴア元 米副大統領とともに2004年に資金運用会社ジェネレーションをスタ ートさせたブラッド氏は、シティー(ロンドンの金融街)にあるセン トポール大聖堂で19日行われたディベートで、抗議行動に参加する 人々は金融システムが「崩壊」しており「不公正」だというメッセー ジを発していると語った。

ブラッド氏(52)は「多くの点で彼らの懸念は正しく、われわ れがどこに向かうべきかという判断も正しい。資本主義自体が崩壊し ているか、ほぼ崩壊しつつあるという問題が存在する」と発言。「残 念なことだが、資本主義は今や実に忌まわしい呼び名と化している。 存続する資格を失う可能性があり、われわれはその時、本当に深刻な 問題に直面することになるだろう」と付け加えた。

ジェネレーションは経済パフォーマンスだけでなく、社会的要因 や環境要因に重きを置く企業に投資し、長期的リターンを最大化する ことを目指している。ブラッド氏は、金融業界がシステムに対する信 頼を損なう誤ったインセンティブや短期的な利益に傾き過ぎていると 主張している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE