NY外為:スイス・フラン上昇、欧州の協議行き詰まりで逃避需要

ニューヨーク外国為替市場 では、スイス・フランが主要通貨すべてに対して上昇。欧州ソブリ ン債危機の解決に向けた協議が行き詰まる中、逃避需要からフラン 買いが膨らんだ。

ユーロは対ドルでもみ合い。欧州金融安定ファシリティー(E FSF)をめぐってドイツとフランスが対立する中、域内では23 日の首脳会議後3日以内に2回目の会議が開催されることになった。 カナダ・ドルとオーストラリア・ドルは米ドルに対して値上がり。 米国株が上昇したことで、高利回り資産への需要が高まった。

先物ブローカー、MFグローバル・ホールディングスのアナリ スト、ジェシカ・ホバーセン氏(ニューヨーク在勤)は「何が起き ているのか正確なところは誰にも分からない。そうした状況が不安 感を増幅させている」と分析。「首脳会議は23日ということだっ たが、26日にも開くことになった。EFSFがどのような形にな るか分からない」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時10分現在、フランはユーロに対し 前日比0.8%高の1ユーロ=1.2318フラン。対ドルでは1%上 げて1ドル=0.8938フラン。ユーロは対ドルで0.2%値上がり し、1ユーロ=1.3782ドル。一時は0.8%安となった。ドルは 対円でほぼ変わらずの1ドル=76円85銭。一時は0.4%高まで 上昇した。

1カ月のユーロの対ドルでのインプライド・ボラティリティ (IV)は15.8%と、格付け会社フィッチ・レーティングスがス ペインとイタリアを格下げした7日以来の高水準。JPモルガン・ チェースによると、主要7カ国通貨のIVは13.3%で、これも7 日以降では最高。

株価が上昇

米株式市場ではS&P500種株価指数が0.5%高。一時は 1%安まで下げる場面があった。

カナダ・ドルは対米ドルで0.5%高の1米ドル=1.0153カ ナダ・ドルと、主要16通貨の中ではフランに次ぐ上昇率となった。 豪ドルは0.2%上げて1豪ドル=1.0244米ドル。

欧州各国政府は、域内債務危機の解決策として、一時的措置の EFSFと恒久的な救済枠組みである欧州安定化メカニズム(ES M)の統合を検討しており、最大9400億ユーロ(約99兆3240 億円)を融通する可能性がある。協議に詳しい関係者2人が明らか にした。

フランが値上がり

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替ストラテジスト、マー ク・マコーミック氏(ニューヨーク在勤)は「市場ではユーロ圏危 機をめぐり何が起こっているのか、そしてどう対応するのかについ て、ある程度の結論を得たいとの見方が広がっている」と指摘した。

ギリシャのパパンドレウ首相が提出した財政緊縮法案が20日、 議会の本採決で賛成154、反対144で可決した。これにより、同 国が追加の国際支援を受け取る公算が高まった。

ブルームバーグ相関加重指数によると、フランは0.9%上昇と 主要10通貨中で最大の上げとなった。ユーロは0.3%、円は

0.2%それぞれ下げた。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のシニ ア為替ストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏は「とレーダ ーはこれまでフランをショート(売り持ち)にし、円をロング(買 い持ち)にしていたが、今そのポジションを解消しようとしている。 その動きが円には売り圧力、フランには買い圧力となっている」と 分析した。

ドルは円に対して一時上昇する場面があった。米フィラデルフ ィア連銀がこの日発表した10月の同地区製造業景況指数は8.7と、 前月のマイナス17.5から上昇。これに反応した。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値はマイナス

9.4だった。