日本株反落、米経済懸念し景気敏感業種売り-欧州動向や円高警戒も

東京株式相場は反落。米国経済の 先行きや対ユーロでの円高進行が懸念され、精密機器や機械、輸送用 機器、電機など輸出関連、鉄鋼など素材、非鉄金属など資源関連とい った景気敏感業種が総じて売られた。タイの洪水が生産に深刻な悪影 響を及ぼすとの警戒から、日本電産や昭和電工などハードディスク駆 動装置(HDD)関連株の下げも目立った。

TOPIXの終値は前日比5.47ポイント(0.7%)安の746.02、 日経平均株価は同90円39銭(1%)安の8682円15銭。欧州動向の 不透明さに加え、米国に続き日本でも来週から決算発表が本格化する ため、市場参加者の様子見姿勢は強く、東証1部の売買代金は4日連 続で9000億円割れ。

しんきんアセットマネジメント投信運用部の藤本洋主任ファンド マネージャーは米国について、足元で相次ぐ企業決算は悪くないと見 るが、「経済指標の内容が投資家心理の重しとなっている」と言う。欧 州債務問題に関しては、「解決策策定に関し水を差す発言やニュースが 相次いでいることから、不透明感が高まっている」と指摘していた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が19日に発表した地区連銀報告 (ベージュブック)では、経済は9月に緩やかな拡大が続いたものの、 企業が景気の先行きに対する懸念を強めていると指摘。また、米経済 の先行指標となる商務省公表の9月の住宅着工許可件数は、前月比 5%減の年率59万4000件と5カ月ぶりの低水準だった。

独仏の対立観測、震源アテネでは大規模デモ

欧州では、23日の欧州連合(EU)首脳会議を前にドイツ、フラ ンス間の意見対立の懸念も浮上。両国を含むユーロ圏首脳らは19日夜、 フランクフルトで準備会合を開き、欧州金融安定化基金(EFSF) の融資力拡大で欧州中央銀行(ECB)とドイツが、ECBのバラン スシート利用に反対していることが明らかになっている。

また、債務問題震源のギリシャの首都アテネ中心部では19日、大 規模な抗議デモが繰り広げられ、警官隊と衝突。同国のパパンドレウ 首相はさらなる緊縮策の実施を約束し、EU首脳会議でギリシャの債 務削減策を打ち出すよう欧州諸国に訴えている。「重債務国の財政規律 が改善しない限り、資金を垂れ流し続けても仕方がない」と、しんき んアセットの藤本氏だ。

欧州懸念を反映し、東京外国為替市場午前半ばごろから、円が対 ユーロで強含み、一時1ユーロ=104円99銭まで円高方向の動きとな った。これを受け、精密や電機、輸送用機器など輸出関連株は終日軟 調。投資家のリスク回避姿勢は商品市況にも見られ、前日に2.5%安 だったニューヨーク原油先物相場はアジア時間20日の時間外取引で も続落。19日のNY銅先物は3%安と9月28日以来の大幅安だった ため、非鉄、鉱業など資源関連にも売りが優勢だった。

売買低調、東電急騰目立つ

東証1部の売買高は概算で14億5787万株、売買代金は8823億円 と低調が持続。値上がり銘柄数は371、値下がり1153。SMBC日興 証券・国際市場分析部の橘田憲和次長は、国内の企業決算シーズンや 欧州関連のイベントを控え、「ここ数日の商いの低迷を見る限り、いま 動いてもいいことはないと投資家は判断している。 薄く広く売られて いる印象」と話していた。

東証1部の売買代金上位ではコマツやファナック、ホンダ、三井 物産、日産自動車、ソニー、日立製作所、ニコン、三菱重工業が下落。 タイの大洪水が日本企業のHDDなどデジタル機器生産にも深刻なダ メージを与えている、と20日付の産経新聞が報じた影響で、日電産や TDK、昭電工などHDD関連株が軒並み売られた。三菱UFJモル ガン・スタンレー証券は18日、タイには日系をはじめHDD関連部品 企業の工場が立地し、「今後のHDD産業のサプライチェーン(供給網) に与える深刻な影響が懸念される状況」と指摘していた。

テレビやコンピューターディスプレー用ガラス製品の価格カルテ ルをめぐり、EUに制裁を支払うことで合意した旭硝子と日本電気硝 子も安い。このほか、アジア需要の減退と円高の影響などから野村証 券が業績予想を下方修正、投資判断を買いから中立に下げたオークマ、 牧野 フライス製作所、アマダも安い。

これに対し東京電力が急騰し、東証1部の上昇率トップ。大和証 券投資情報部の西村由美シニア・マーケットアナリストは、「午前に大 口の買い戻し観測があり、その後、値動きの良さに着目した個人投資 家などの買いが集まっている」と見ていた。JPモルガン証券が海外 たばこ事業の新興国成長などを想定し、2013年3月期の連結営業利益 予想を引き上げたJTは買われた。経営内紛に揺れるオリンパスは、 第7位の株主が英社買収の助言費用などについて追加情報の開示を求 めたと報じられ、午後に下げ幅を広げた。

ジャスダック指数が前日比0.6%安の48.17と5日続落、東証マ ザーズ指数が同1%安の396.95と3日続落。

--取材協力:河野敏 Editor:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 岩本正明 Masaaki Iwamoto +81-3-3201-8343  miwamoto4@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net