アトランタ連銀総裁:米国の指標は好転-インフレ減速の公算

米アトランタ連銀のロックハー ト総裁は19日、最近の経済指標は米経済の伸びが今後加速して緩や かな成長ペースに至る可能性があることを示唆しているとの見解を示 した。インフレ率は低下する公算があるとした。

ロックハート総裁はアトランタで、「夏の後半に状況が変わった」 と発言。「10月に入ってから米経済指標の大半は予想を上回っており、 現在は米経済が」約2-2.5%の「成長軌道にあるようだ」と述べた。

同総裁はまた「2番底を予想していない」と語り、「緩やかな成 長」は恐らく来年まで続くだろうと付け加えた。

同総裁は、米経済は8月までは「われわれの当初の予想よりも振 るわず」、「予想との比較で失望していた」と説明。しかし最近の指 標を考慮すれば「こうした悲観的な見方の一部は大げさだったと思わ れ」、リセッションの可能性は後退していると述べた。