コンテンツにスキップする

米グルーポン、IPOでの評価額約120億ドル目指す-関係者

共同購入クーポンサイト最大手の 米グルーポンは新規株式公開(IPO)で、同社の企業価値について 約120億ドル(約9200億円)相当の評価を目指している。事情に詳し い関係者2人が明らかにした。

関係者の1人が計画の未公開を理由に匿名で語ったところでは、 グルーポンはIPOの規模を評価額の10%未満とする方向で検討し ている。関係者らが18日明らかにしたところによると、同社はIPO の投資家説明会を来週にも開始する計画だ。

同社は当初、説明会を9月に予定していたが、株式相場の動揺を 受けて延期したと事情に詳しい関係者は当時話していた。また、問題 となりそうな会計手法を修正する可能性などをめぐって、監督当局か らの問い合わせに対応する時間も必要だったという。

グルーポンは6月に米証券取引委員会(SEC)に提出した書類 では、最大7億5000万ドル規模のIPOを目指しているとしていた。 関係者によると、同社は以前IPOの幹事会社と協議した際、同社の 企業価値を最大250億ドル相当と評価することを話し合った。

グルーポンのIPOの引き受け幹事はモルガン・スタンレーとゴ ールドマン・サックス・グループ、クレディ・スイス・グループ。

グルーポンの約120億ドル相当の評価額検討については、米紙ニ ューヨーク・タイムズ(NYT)が先に報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE