欧州の銀行はフランス、イタリア、スペイン向け融資継続-6月末時点

【記者:Boris Groendahl】

10月20日(ブルームバーグ):欧州の銀行がフランスとイタリア、 スペインの借り手に対する融資を継続する一方、ギリシャとポルトガ ル、アイルランドでは、公的部門が融資の提供を肩代わりしている様 子が、国際決済銀行(BIS)のデータで明らかになった。

BISが19日公表したデータによれば、欧州の銀行のフランス の借り手に対する融資残高は6月末時点で9250億ドルと3月末との 比較で8%増加した。フランスの公共部門への英国の銀行からの貸し 出しが23%増え、ドイツの金融機関のフランスでの融資が11%増加 したことが背景にある。スペインの借り手への貸出残高は6430億ド ルと1%増えた。

BISによると、米国の銀行からのフランス、イタリア、スペイ ンの銀行向けの融資残高はこの間、24%増加して2390億ドルとなっ た。BISはこの数字が後に大幅に改定される公算が大きいとしてい る。欧州の銀行のイタリアの銀行向けの債権は4%減少したものの、 イタリアの借り手向けの融資総額は8370億ドルと2%増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE