豪英BHP:ブラジルの鉄鉱石生産会社フェラス買収で協議中-関係者

世界最大の鉱山会社、オースト ラリア・英系BHPビリトンが、ブラジルの鉄鉱石生産会社フェラス・ リソーシズ買収について協議中であることが分かった。事情に詳しい関 係者2人が明らかにした。

関係者の1人が匿名を条件に明らかにしたところによると、買収規 模は約20億ポンド(約2400億円)の見込みで、最終的な決定はされ ていない。中国企業との交渉が決裂した後、BHPの本社があるメルボ ルンで過去数週間、協議が続けられているという。

関係者の1人によると、BHPはブラジルで37億レアル(約 1600億円)規模の鉄鉱石生産プロジェクト建設について検討中だが、 これがフェラスの事業を補完する可能性がある。鉄鉱石の最大の消費国 である中国など新興国の需要急増に対応するため、BHPや競合する英 豪系リオ・ティントは新たな産地を探している。ブラジルは世界2位の 鉄鉱石輸出国。

英紙サンデー・タイムズは16日、情報源を明らかにせず買収の可 能性について報じた。BHPの広報担当者、フィオナ・マーティン氏は コメントを控えた。

事情に詳しい関係者2人が3月に明らかにしたところによると、フ ェラスは40億ドル(約3100億円)規模の増強計画の資金を調達する ため戦略的投資家や金融機関と協議していた。同社は米ヘッジファンド 運用会社、ハービンジャー・キャピタル・パートナーズが支援する非上 場企業で、関係者らによれば、3月時点で中国や日本、韓国、ブラジル の鉱山会社や鉄鋼メーカーと交渉中だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE