米eベイ:10-12月収益見通し、一部市場予想に届かず-費用増で

電子商取引サイト運営最大手、米 eベイが発表した10-12月(第4四半期)の売上高と利益の見通しは、 一部市場予想を下回った。決済サービス強化などを狙ったマーケティ ング費用の増加が響くとしている。

同社の19日の発表資料によると、第4四半期の売上高見通しは32 億-33億5000万ドル(約2460億-2570億円)。一部項目を除く1株 利益は55-58セントを見込んでいる。ブルームバーグがまとめたデー タによれば、アナリスト予想平均は売上高33億ドル、1株利益58セ ントとなっている。

ロバート・W・ベアード(サンフランシスコ)のアナリスト、コ リン・セバスチャン氏は、「これまでに実施した買収案件の一部が、恐 らくeベイの利益率を若干押し下げている」との見方を示した。

発表後の時間外取引で、eベイ株は通常取引終値(33.18ドル)を

3.9%下回る31.90ドルに下落した。

この日発表された7-9月(第3四半期)の決算は、純利益が4 億9050万ドル(1株当たり37セント)と前年同期の4億3190万ドル (同33セント)から増加。売上高は前年同期比32%増の29億7000 万ドルと、アナリスト予想の29億1000万ドルを上回った。一部費用 を除く1株利益は48セントで、市場予想平均と一致した。