欧州株:反発、救済危機の規模拡大めぐる報道で-コメルツ銀が高い

19日の欧州株式相場は反発。 ストックス欧州600指数は3日ぶりに上昇した。ユーロ圏救済基金 の規模拡大をめぐりフランスとドイツが合意に達したとする各社報道 は内容が交錯している。

フランスの銀行ナティクシスやドイツのコメルツ銀行が高い。銀 行株指数は5営業日ぶりに上昇した。ドイツのソフトウエアAGと スウェーデンの通信会社テレ2、英有料テレビ放送のブリティッシ ュ・スカイ・ブロードキャスティング(BスカイB)はいずれも決算 発表後に買い進まれた。ゴールドマン・サックス・グループが投資判 断を引き上げた独建設会社、ホッホティーフも値上がり。

ストックス欧州600指数は前日比0.6%高の236.71。前日ま での2日間には1.3%下落していた。

ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメントの運用担当者、ア ンドレア・ウィリアムズ氏は「市場心理は前向きな状態にあるようだ」 と指摘。「週末の欧州首脳からの発表を待っている状況で、発表の内 容とそれを実行する方法が具体的に分かるまでセンチメントはかなり 脆弱(ぜいじゃく)だ」と述べた。

英紙ガーディアンは、フランスとドイツが救済基金である欧州金 融安定ファシリティー(EFSF)の規模を現在の4400億ユーロ から2兆ユーロに拡大することで合意したと報道。一方、フィナンシ ャル・タイムズ・ドイツ版(FTD)は、ショイブレ独財務相が議員 に対しEFSFの融資能力は最大1兆ユーロに拡大することが可能だ との見解を示したと伝えた。

この日の西欧市場では、18カ国中11カ国で主要株価指数が上 昇した。

ナティクシスは2.8%高の2.25ユーロ。コメルツ銀行は

4.7%上昇して1.63ユーロ。ソフトウエアAGは12%急伸し

30.45ユーロ。テレ2は2.2%高の133.70スウェーデン・クロ ーナ。BスカイBは5.1%高の710ペンス。ホッホティーフは

3.7%上昇の52.98ユーロで終了した。