欧州委員長:EUサミット、「問題すべての打開策」とはなり得ない

欧州連合(EU)の行政執行 機関である欧州委員会のバローゾ委員長は19日、域内の首脳会議 (サミット)で「重要かつ長期的な決定」が下されるものの、「問題 すべての打開策」とはなり得ないとの見解を示した。

同委員長はブリュッセルで記者団に対し、「議題すべてについて 政治判断が下さることを期待しているが、実際にそうなった場合でも、 実施段階にたどり着けることを必ずしも意味しない」と語った。欧州 各国は危機対策を協議するため23日にサミットを開催する。

さらに「問題すべての解決策となることを望むべきではないが、 重要で長期的視野に基づいた結論を大いに期待している。欧州連合と ユーロ圏の将来にとって重要だからだ」と付け加えた。

バローゾ委員長は「欧州は正念場にある。疑う余地のない確固 とした対応が必要とされている」と主張した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE