米AMR:7-9月は1億6200万ドルの赤字-燃料費高騰が響く

米アメリカン航空の親会社であ るAMRの7-9月(第3四半期)決算は、純損益が1億6200万ド ル(約124億3000万円)の赤字となった。ジェット燃料価格高騰の 影響で、運賃引き上げの効果が抑えられた。

19日のAMR発表によると、純損失は1株当たり48セント。前 年同期は1億4300万ドル(1株当たり39セント)の黒字だった。今 四半期の1株損失は、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリス ト12人の予想平均(43セント)を上回った。

売上高は9.1%増の63億8000万ドル。燃料費は40%増の22 億6000万ドル。ガロン当たりの平均支払い価格は前年同期比で41% 上昇した。