ノルウェー中銀:政策金利を据え置き-来年半ばまで維持する姿勢

ノルウェー中央銀行は、政 策金利を据え置くことを決定した。また2012年7-12月(下期) までは利上げを実施しないことを示唆した。世界的な景気減速で 輸出が打撃を受け、成長が抑制されるとの懸念がその理由。

ノルウェー中銀はウェブサイトで、政策金利である翌日物預 金金利を2.25%で据え置いたと発表した。据え置きは4会合連 続。ブルームバーグ・ニュースが実施した調査では、エコノミス ト22人のうち21人が据え置きを予想していた。1人は利下げを 予想した。

オルセン中銀総裁は声明で、「海外での混乱が悪化し、成長 とインフレの見通しが一段と弱まった場合は、政策金利は引き下 げられる可能性がある」とした上で、「成長およびインフレが高 まることが見込まれる場合は、政策金利を当初の方針よりも早く 引き上げる可能性がある」と説明した。