香港株(終了):上昇、企業業績を楽観視-ハチソンやHSBCが高い

香港株式相場は上昇。米銀バン ク・オブ・アメリカ(BOA)が7-9月(第3四半期)に黒字を回 復したことや、米インテルが示した10-12月(第4四半期)の売上 高見通しがアナリスト予想を上回ったことから、世界の景気回復が力 強さを増しつつあるとの見方が高まった。

売上高の約8割を海外で稼ぐハチソン・ワンポア(13 HK)は2.8% 高。ナイキなどのスポーツシューズを製造する裕元工業(551 HK)は 1%上昇した。欧州最大の銀行、英HSBCホールディングス(5 HK) は1.7%上げ、金融株の上昇をけん引した。

中国の携帯電話サービス最大手、チャイナ・モバイル(中国移動、 941 HK)や不動産開発会社のサンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基 地産発展、16 HK)も買われた。

コロニアル・ファースト・ステート・グローバル・アセット・マ ネジメントの投資市場調査責任者、スティーブン・ハルマリック氏(シ ドニー在勤)は「この24時間に発表された幾つかの良いデータが相 場を支える一因となった」と指摘。ただ、「欧州連合(EU)首脳会 議を前に欧州をめぐる不安は続きそうだ」とも語った。

ハンセン指数は前日比232.76ポイント(1.3%)高の18309.22 で終了。前日は中国国内総生産(GDP)統計などを嫌気して2週間 ぶりの大幅安となっていた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日 比1.2%高の9449.14で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE