ドイツ連銀理事:主要銀へのコアTier1比率9%設定は「実現可能」

ドイツ連邦銀行(中央銀行)の ドンブレト理事は19日、システム全体にとって重要な欧州の銀行に 対して狭義の中核的自己資本であるコアTier1比率9%の目標を 設定することは「実現可能」との見解を示した。

同理事はベルリンでの講演で、資本強化を目指している銀行はま ず金融市場にアプローチし、それから政府に頼る必要があると付け加 えた。欧州の救済基金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF) は最後の貸し手としてのみ利用されるべきだと強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE