アジア株:反発、欧州危機解決への期待で-豪コモンウェルス銀が高い

19日のアジア株式市場では、 指標のMSCIアジア太平洋指数が反発。欧州の首脳が域内の債務危 機を食い止めるとの期待が高まった。前日は2週間ぶり大幅安となっ ていた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時1分現在、前日比

0.9%高。騰落銘柄比率は下落1に対して上昇が2余り。日経平均株 価は同30円63銭(0.4%)高の8772円54銭で引けた。

UBSウェルスマネジメントのチーフ投資ストラテジスト、ケル ビン・テイ氏(シンガポール在勤)はブルームバーグテレビジョンの インタビューで、「ユーロ圏問題の進展がどのようなものであれ、市 場に若干の落ち着きを与えるのに役立つのは確かだ」と述べた。

オーストラリアのコモンウェルス銀行は1.2%高。一方、米アッ プルの機器向けにタッチパネルを供給する台湾のTPKホールディン グ(宸鴻)は6.9%値下がりした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE