中国、米国債保有を減らす-8月は少なくとも10年ぶりの大幅減

中国は8月に米国債保有を大きく 減らした。減少幅は少なくとも10年間で最大となった。

米財務省が18日発表した統計によれば、中国は米国債の持ち高を

3.1%に当たる365億ドル(約2兆8000億円)減らし1兆1400億ドル とした。世界2位の経済大国である中国は、外国としては世界一の米 国債保有国。

米財務省のデータは同時に、海外投資家の米国債保有が2%増え、 過去最高の4兆5700億ドルになったことも示した。米格付け会社スタ ンダード・アンド・プアーズ(S&P)が8月に史上初の米国債格下 げに踏み切ったことで金融市場が混乱。安全な避難先を求める世界の 投資家が米国債の購入に動いた。

モルガン・スタンレーの米金利戦略責任者、ジェームズ・キャロ ン氏は、中国の米国債保有データについて、「人々が米国債を手放して いるということではない」と指摘、米国債の記録的な「低利回りを踏 まえ考えれば、ドル高と便乗売りによるテクニカルな要因によるもの だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE