米連邦地裁、米アップルの一部訴え退ける-サムスン電子との特許訴訟

スマートフォン(多機能携帯端末) の特許をめぐり韓国のサムスン電子を相手取って米アップルが起こし ていた訴訟で、米カリフォルニア州の連邦地裁は18日、アップルの訴 えを一部退けた。

サンノゼ連邦地裁のルーシー・コー判事は同日、サムスン電子が 一部特許を公正な条件でライセンス供与したい意向を偽って伝えたと するアップル側の主張を退けるとともに、アップルの反トラスト訴訟 の一部取り下げを求めるサムスン電子の請求を認めた。コー判事は、 アップルが訴訟復活に向けて申し立て内容を修正することは可能だと 指摘した。

特許侵害を理由にサムスン電子の携帯端末ブランド「ギャラクシ ー」の米国での販売差し止めを求めるアップルの請求については、コ ー判事は判断を示さなかった。

アップルの広報担当クリスティン・ユゲ氏にはこの日の判断につ いてコメントを求める電子メールを送ったが、今のところ返答はない。