日銀:日韓スワップ取り決めの引出限度額を一時的に300億ドルに増額

日本銀行は19日午前、韓国銀行 (中央銀行)との間で、円とウォンのスワップ取り決めの引出限度額を 現行の30億米ドル相当の円またはウォンから、300億米ドル相当の円 またはウォンに増額することで合意したと発表した。

これに合わせて、財務省は外国為替資金特別会計と韓国銀行間でド ル・円またはドル・ウォンの300億ドルの通貨スワップを1年間の限定 措置として新たに締結すると発表した。同省は日銀・韓国銀行間の通貨 スワップを補完し、為替市場の安定化を通じて金融市場の安定を図りた いとしている。

外為特会はすでに東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス日中韓 が金融危機時に外貨を融通し合う「チェンマイ・イニシアチブ」の一環 として韓国銀行と100億ドルのドルと現地通貨の通貨スワップを締結し ており、日銀・韓国銀行間も含め総額130億ドルから700億ドルに拡 充されることになる。

同スワップ取り決めは、日銀と韓国銀行が東アジアの金融為替市場 の安定を図ることを目的に2005年5月に締結。引出限度額はリーマン ショック後の08年12月から10年4月まで30億米ドル相当から200 億米ドル相当に引き上げられていた。

日銀は「今般の措置が、健全で適切に運営されている日韓両国経済 に世界的な金融市場における不確実性の高まりが及ぼす影響を緩和し、 東アジアの金融為替市場の安定強化に資するものと期待している」とし ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE