9月の対中直接投資、前年比7.9%増に伸び鈍化-企業が投資抑制

9月の海外から中国への直接投資 は前年同月比で3カ月ぶりの低い伸びに鈍化した。世界的な景気回復 の勢いが失われているとの懸念が広がる中で企業が投資を縮小した。

中国商務省は19日、9月の対中直接投資が前年同月比7.9%増の 90億ドル(約6900億円)になったと発表した。8月は同11.1%増、 7月は同19.8%増だった。1-9月は前年同期比16.6%増加し867 億ドルとなった。

クレディ・アグリコルCIBのストラテジスト、ダリウス・コワ ルツィク氏(香港在勤)は統計発表前、「過去数カ月に見られた中国の 成長鈍化への懸念を反映する」可能性があると指摘。「9月はリスク回 避傾向が強かった月でもあり、投資家は資金を投じるのをためらった もようだ」と付け加えた。

--Zheng Lifei. Editors: Nerys Avery, Ken McCallum

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Zheng Lifei in Beijing at +86-10-6649-7560 or lzheng32@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE