ECBリプストク氏:非伝統的金融措置、政府のやる気そぐ恐れも

欧州中央銀行(ECB)政策委員 会メンバー、エストニア中銀のリプストク総裁は、ECBの流動性供 給・国債買い入れ措置が債務危機の解決に向け各国政府に行動を起こ すよう促す動機付けに悪影響を与える恐れがあるとの認識を示した。

同総裁はエストニア中銀が発行するポスティミーズ紙に寄稿し、 ECBが打ち出した非伝統的な金融措置は問題の症状を扱うだけで原 因に対処するわけではないと説明、ECBが危機と闘うための選択肢 は「比較的限られている」と指摘した。ECBの非伝統的措置は「明 らかに一時的」なものだとも記した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE