日本株小反発、医薬や陸運などディフェンシブ高い-売買低調続く

東京株式相場は小反発。欧州の金 融安定化に向けた政策動向、国内外主要企業の決算発表といった見極 め材料が多い中、海外の景気変動の影響を受けにくい医薬品、陸運と いったディフェンシブ業種が買われた。決算発表後の米金融株が上昇 した流れが波及し、銀行やその他金融、保険株は終日堅調だった。

TOPIXの終値は前日比0.25ポイント(0.03%)高の751.49、 日経平均株価は30円63銭(0.4%)高の8772円54銭。ただ、東証1 部の売買代金は3日連続で9000億円を割り込み、9000億円割れの連 続記録は昨年12月24日から29日の4営業日連続以来となるなど、市 場参加者の様子見姿勢の強さをうかがわせた。

みずほ投信投資顧問の岡本佳久執行役員は、23日のEU(欧州連 動)首脳会合で欧州の債務問題、金融安定化に向けた具体的対応策が 出るとの期待が高まる中、「投資家は先行きがはっきりするのを待って いる状態」と指摘。その上で、「銀行の公的資金注入の条件が厳しいと、 銀行の融資停滞で低迷している景気にさらに悪影響がある」との認識 を示していた。

この日の日本株は、米国の住宅統計の改善や金融株高への安心感、 また欧州の金融安定化基金の拡充期待などから上昇して取引を開始し た。全米ホームビルダー協会とウェルズ・ファーゴが18日に発表し、 米住宅建設業者の景況感を示す10月の米住宅市場指数は18と、前月 の14から上昇。また、同日の米国で相次いだ米銀バンク・オブ・アメ リカ(BOA)、ゴールドマン・サックス・グループの7-9月(第3 四半期)決算は、BOAが最終黒字化、ゴールドマンは赤字となるな ど強弱混在したが、両社株とも上げ、S&P500種株価指数のセクタ ー別では、金融の上昇率が最も大きかった。

東海東京調査センターの中井裕幸専務は、米企業決算について「全 体では下方修正する企業が多い印象だが、事前に業績悪化が予想され ていた金融大手に関しては、過度の悲観が後退した」と言う。

欧州に強弱材料、TOPIXは一時下げも

一方、英ガーディアン紙は18日、ドイツとフランスが欧州債務問 題に解決の救済基金を2兆ユーロまで拡大する方向で合意に達した、 と報道。メルケル独首相のザイベルト首席報道官は、独仏首脳が欧州 金融安定化基金(EFSF)の規模拡大について集中討議している、 と述べており、債務問題解決に向けた取り組みが前進するとの期待が 広がり、同日の米国株高の一因となった。

ただ、米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービス は18日、スペイン国債の格付けを「Aa2」から「A1」に引き下げ た。見通しは「ネガティブ」。欧州動向に関する不透明要素はなお多く、 日本株も徐々に上値を切り下げる展開。朝方に一時6.64ポイント高ま であったTOPIXは、午後になるとマイナスに沈む場面もあったが、 一方的に売り進む動きも限られ、投資家の短期的売買コストを示す25 日移動平均線(749.32)が下支えする格好となった。

東証1部の売買高は概算で12億9870万株、売買代金は8929億円。 値上がり銘柄数は726、 値下がりは741。東証33業種の上昇率上位に はパルプ・紙、陸運、医薬品、小売、不動産、その他金融、保険、医 薬品、銀行など15業種が上昇。証券・商品先物や石油・ 石炭製品、 卸売、海運、建設、非鉄金属、ガラス・土石製品など18業種は安い。

コマツ上昇、DeNAや大手ゼネコン安い

個別では、クレディ・スイス証券が、中国経済のハードランディ ング、業績予想の下方修正、中国ローカル企業の台頭などの各種悪材 料は織り込み、株価は売られ過ぎの水準として強気の投資判断を維持 したコマツが上昇。東証1部売買代金上位では、ファナックやキヤノ ン、三菱UFJフィナンシャル・グループ、エーザイなどが高かった。

一方、経営内紛に揺れるオリンパスが4日続落。ファンダメンタ ルズ以外の情報による株価変動リスクが継続する可能性がある、など とし、JPモルガン証券やゴールドマン・サックス証券などは投資評 価を停止した。会社側は午前9時40分、これまでの一連の報道に対す る見解を発表。解任した前社長が問題視する英社買収経緯について説 明した。

また、プロ野球球団の横浜ベイスターズ買収の交渉事実を明らか にしたディー・エヌ・エーは、投資負担への懸念などから急落。前日 に上期業績の減額で大林組が急落したことへの警戒が広がり、鹿島や 大成建設など大手ゼネコン株も安かった。

国内新興市場は、ジャスダック指数前日比0.1%安の48.44と4 日続落、東証マザーズ指数が同0.5%安の400.96と続落した。