英BスカイB:7-9月営業利益は16%増-ウェブサービス好調

更新日時

英有料テレビ放送最大手、ブリ ティッシュ・スカイ・ブロードキャスティング・グループ(Bスカイ B)の7-9月(第1四半期)の営業利益は前年同期比16%増加し た。既存客向けの売り上げが伸びた。

同社が19日発表した決算資料によると、7-9月期の利払い・ 税金・その他項目を除く利益は2億9500万ポンド(約360億円)と 前年同期から増加した。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平 均は2億8650万ポンドだった。売上高は前年同期比9%増の16億 6000万ポンド。

テレビ契約者数の純増数は2万6000人と、4-6月(第4四半 期)の4万人から減少。昨年に契約者数1000万人の目標を達成した 同社は、契約数の伸びが鈍化する中で新規顧客獲得から戦略の軸足を 移し、現在は既存客向けにブロードバンドインターネットと電話契約 と合わせて、高画質テレビサービスの販売に重点を置いている。

BスカイBのジェレミー・ダロック最高経営責任者(CEO)は 「新規顧客は当社を選び、既存客は当社サービスの利用を拡大してい るため、業績が伸びている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE