昭和シェル:宮崎県国富の太陽電池工場、フル稼働は遅れる見通し

昭和シェル石油は、12億ドル(約 920億円)を投じて宮崎県国富町に建設した太陽電池工場のフル稼働 が当初予定よりも遅れ、今年末ないし来年の早い時期になるとの見通 しを明らかにした。

同社のリチャード・カルース最高財務責任者(CFO)は18日、 ダラスでの太陽光発電関連会議でインタビューに応じ、「われわれは調 整段階にある」と説明した。

同社の子会社ソーラーフロンティアは2月15日、国富工場が生産 を開始したと発表し、「今夏」にはフル稼働に到達するとの見通しを示 していた。