NY銅:1.8セント安の1ポンド=3.36ドル-中国の成長減速を懸念

18日のニューヨーク銅先物相場は続 落。世界最大の銅消費国である中国の成長率が2年ぶりの低水準に減速 したことが嫌気された。

中国の7-9月(第3四半期)の国内総生産(GDP)は前年同期 比9.1%増と、2009年以来の低い伸びに鈍化した。ドイツの欧州経済研 究所センター(ZEW)がまとめた10月の独景況感指数が約3年ぶりの 低水準となったことも下げ材料。

MFグローバルのシニア商品アナリスト、エドワード・メイア氏は 報告書で、「投資家は何年か目立っていた中国の金属需要の加速が現在 は需要減速に変化する可能性があるとみている。こうした状況は中期的 に金属相場が一段高になるとのシナリオを支援しないかもしれない」と 指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値は前日比0.5%安の1ポンド=3.36ドル。前日は0.9%安。 独政府が欧州連合(EU)が23日の首脳会議でユーロ圏債務危機を一気 に収束させる策を示すことはないとの見解を明らかにしたことで値を下 げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE