欧州の投資銀行は「危機モード」、一段のコスト削減の公算大-UBS

欧州の投資銀行は収入源の縮小と 調達環境の悪化、政治的圧力にさらされ「危機モード」にあると、U BSのアナリストらが指摘した。

フィリップ・ツィーシャング氏らUBSのアナリストは18日の顧 客向けリポートで、ドイツ銀行の2011年の1株利益予想を14%引き 下げた。12、13年もそれぞれ9%と8%下方修正した。クレディ・ス イス・グループについては12年と13年利益予想をそれぞれ5%と4% 引き下げた。

アナリストらは「顧客活動の低下とリスク意欲減退によって収入 はこれまでに減少したとみられるが、レガシー資産の圧縮加速でさら に圧力がかかるとみられる」と指摘。「世界の投資銀行がコスト削減を 進めていることは驚くに当たらない。現在も発表済みのものに加えて 一段の削減計画を策定中である公算が大きい」との見方も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE