日銀:海外の国債市場や株式市場が変調来せば、国内に波及の可能性

日本銀行は18日、金融システム リポートを公表し、内外の金融資本市場間の連関が高まる中で、国内 の金融資本市場もやや神経質な展開となっており、「仮に海外の国債 市場や株式市場が変調を来す場合には、短期間のうちにわが国に波及 し、国内証券関係損益が大幅に悪化する可能性がある」と指摘した。

日銀はこれまで金融システムリポートと金融市場リポートを公 表していたが、この2つを統合し金融システムリポートに一本化した。 それによると、「内外の金融資本市場間の連関が高まっており、わが 国の株価は海外市場から影響を受けやすい状況にある」と指摘。「国 債市場でも、先進国間の国債利回りが連動する局面がみられる。海外 市場の変調がわが国へ伝播するリスクがある」としている。

また、銀行が国債を保有することによる金利リスクは、「地域銀 行が長期ゾーンへの投資をさらに積み増すなど、債券投資を中心に一 段と蓄積されている」と指摘。さらに、「銀行や生命保険会社では、 株式リスクが依然として大きい。また、国債や外債を徐々に積み増し ている」とした上で、「このため、海外市場の動向から直接ないし間 接的な影響を受けやすくなっている点に留意する必要がある」として いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE