香港セガンティのヘッジファンドが好調-今年プラス29%のリターン

香港のセガンティ・キャピタル・ マネジメントが運用する2億9200万ドル(約224億円)規模のファ ンドが今年、プラス29%のリターン(投資収益率)を上げている。 他のヘッジファンドの年間リターンはマイナスとなりそうだが、セガ ンティのファンドは最良の年となる勢いだ。

同社が顧客に送付した書簡によれば、「セガンティ・アジアパシフ ィック・エクイティ・マルチストラテジー・ファンド」は7月のリタ ーンがプラス7.6%、9月はプラス5.3%となり、四半期ベースでは 最良の運用成績となった。セガンティのカート・アーソイ最高経営責 任者(CEO)は、同ファンドは非公開だとしてコメントを控えた。

同CEOは書簡で、「相対的価値とイベント対応を組み合わること で、当初は安定しているがその後は大きく変動するというような環境 の下でも、このファンドは利益を上げることができた」と説明した。

HFRIファンド加重総合指数は1-9月に5%低下。米ヘッジ ファンド・リサーチがデータを集計している22年間で、3度目の年 間ベースでの低下となりそうだ。