コンテンツにスキップする

中国の交通銀、約3100億円の劣後債発行を当局が認可-資本増強目指す

中国5位の銀行、交通銀行は、 資本増強を目的とした最大260億元(約3100億円)規模の劣後債発 行が当局の認可を受けたと発表した。

交通銀行が香港証券取引所に17日提出した資料によると、発行 は中国銀行業監督管理委員会(銀監会)と中国人民銀行(中央銀行) が認可した。年内に国内で最大800億元を調達する計画の一環と説明 している。

当局がインフレ抑制とデフォルト(債務不履行)のリスク低減に 向け規制強化に動いていることから、中国の五大銀行は資本増強に向 け国内外の債券市場で資金調達を目指している。2年間に及ぶ与信ブ ームが崩壊し、不良債権が増加するとの懸念から、これら銀行の株価 は今年、平均で27%下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE