世界経済にリーマン破綻級の衝撃、ギリシャ不履行なら-ルービニ氏

ギリシャがデフォルト(債務不履 行)に陥れば、2008年の米証券会社リーマン・ブラザーズ・ホールデ ィングス破綻後のような規模で世界経済に衝撃が走る-。米ルービ ニ・グローバル・エコノミクスを共同で設立したヌリエル・ルービニ 会長が17日、こうした見方を示した。

ルービニ会長はヘルシンキでのセミナーで、ユーロ圏で無秩序な デフォルトが起きるか、離脱する国があれば、「世界経済全体にとどろ きわたる」ショックを引き起こす恐れがあると述べた。

同会長は、欧州が債務危機に歯止めをかけられないことは、リセ ッション(景気後退)が全域に広がる可能性が50%より大きいことを 意味すると指摘。政策担当者がギリシャの財政赤字を食い止める時間 はなくなりつつあり、イタリアとスペインについても債券投資家が逃 げ出すリスクが高まっていると付け加えた。

ルービニ氏は「ユーロ圏の問題は慢性的なものであり、なかなか 解決するものではない」と予想。救済基金である欧州金融安定ファシ リティー(EFSF)を効果的なものとするためには現行の4400億ユ ーロ(約47兆円)の4倍以上の規模が必要だという主張を繰り返した。

さらにユーロ圏が今後半年で分裂する可能性は低いものの、ギリ シャがユーロ圏を離脱する確率は40%以上あると分析。2年以内に1、 2カ国がユーロ圏を離脱する可能性があると予測した。