NY原油先物時間外:続落-中国経済の減速と米在庫増観測を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は17 日の時間外取引で続落。中国の成長ペースが2年ぶりの低い水準にと どまったことや米原油在庫の増加見通しが嫌気された。

原油先物相場は一時、0.5%下落した。前日の通常取引は0.5%下 落した。中国国家統計局は18日、7-9月の中国の国内総生産(GD P)が前年比9.1%増だったと発表した。これは予想を下回った。米 エネルギー省が19日に発表する先週の原油在庫はブルームバーグ・ニ ュースの調査によると、2週連続で増加したと予想されている。

原油先物11月限は一時、40セント安の1バレル当たり85.98ド ルを付けた。シドニー時間午後1時36分(日本時間午前11時36分) 現在、86.03ドルで推移している。前日の通常取引は42セント安の

86.38ドルで引けた。終値では13日以来の安値。年初来では5.9%の 下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE