ヴァーレ株:過去3週間で最大の下げ-鉄鉱石価格引き下げとの見方で

鉄鉱石生産最大手、ブラジルの ヴァーレの株価が過去3週間で最大の下落率を示した。同社が鉄鉱石価 格を引き下げるとの見方が広がったことが要因。

ヴァーレの株価はサンパウロ時間午後2時44分現在、前週末比

6.1%安の38.66レアル。指標のボベスパ指数は2.5%下げた。同社 株は過去1年間で18%、ボベスパ指数は25%、それぞれ下落してい る。

ブラジル紙エスタド・ジ・サンパウロは15日、ヴァーレが中国の 顧客企業に対し、10-12月(第4四半期)の鉄鉱石価格をスポット価 格に近い水準とする選択肢を示すと報じた。同紙によると、鉱山各社は 四半期ベースで設定された割高な契約価格を支払うことに難色を示して いる中国の鉄鋼メーカーからの圧力を受け譲歩している。