フランスの格下げ、救済基金の能力損なう恐れ-ライニッシェ・ポスト

フランスが最上級の「AAA」格付 けを失う場合、欧州の救済基金の能力が損なわれる恐れがある。独紙ラ イニッシェ・ポスト(オンライン版)が欧州政策センター(CEP)の リューダー・ゲルケン所長の発言を引用して報じた。

同紙によれば、CEPの試算では、フランスの格下げによって、高 債務国の救済基金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の能 力が35%低下し、これに伴いドイツがEFSFに提供する保証を現在 の2110億ユーロから3170億ユーロに引き上げる必要が出てくるという。