NY外為:ユーロが下落、債務危機の早急な解決ないとのドイツ見解で

ニューヨーク外国為替市場で はユーロが下落。欧州ソブリン債危機の解決には時間がかかるとの認 識をドイツが示したことが手掛かり。ユーロは先週、ドルに対し週間 ベースでは2年余りで最大の上げとなっていた。

ドルは主要貿易国の通貨に対し、1カ月ぶり安値から上昇。メル ケル独首相の首席報道官が、危機が即解決されるという「夢」が23 日の首脳会議でかなう可能性は低いとの政府見解を示したことで、逃 避需要が高まった。オーストラリア・ドルやカナダ・ドルなど世界の 経済成長と関連性の強い通貨は、米ドルに対して値下がり。株価や商 品相場の下落が材料視された。

BNPパリバの為替ストラテジスト、メアリー・ニコラ氏は「市 場の動きは欧州の動向を表している」とし、「カナダ・ドルや豪ドル といった高利回り通貨はリスク回避の環境では若干弱くなりがちだ。 行きつ戻りつの展開が続いている」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時半現在、ユーロは対ドルで前週末比

0.9%安の1ユーロ=1.3756ドル。一時1.3914ドルと、9月15 日以来の高値を付ける場面もあった。先週は3.8%上昇と、週間ベ ースでは2009年3月以来の大幅高だった。ユーロは円に対してはこ の日1.4%値下がりし、1ユーロ=105円69銭。一時は107円68 銭と、9月9日以来の高値に上昇する場面があった。ドルは対円で

0.5%安の1ドル=76円84銭。