10月17日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロが下落、危機の早急な解決ないとのドイツ見解で

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。欧州ソブリン債危 機の解決には時間がかかるとの認識をドイツが示したことが手掛かり。 ユーロは先週、ドルに対し週間ベースでは2年余りで最大の上げとな っていた。

ドルは主要貿易国の通貨に対し、1カ月ぶり安値から上昇。メル ケル独首相の首席報道官が、危機が即解決されるという「夢」が23 日の首脳会議でかなう可能性は低いとの政府見解を示したことで、逃 避需要が高まった。オーストラリア・ドルやカナダ・ドルなど世界の 経済成長と関連性の強い通貨は、米ドルに対して値下がり。株価や商 品相場の下落が材料視された。

BNPパリバの為替ストラテジスト、メアリー・ニコラ氏は「市 場の動きは欧州の動向を表している」とし、「カナダ・ドルや豪ドル といった高利回り通貨はリスク回避の環境では若干弱くなりがちだ。 行きつ戻りつの展開が続いている」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時3分現在、ユーロは対ドルで前週末比 1%安の1ユーロ=1.3747ドル。一時1.3914ドルと、9月15日 以来の高値を付ける場面もあった。先週は3.8%上昇と、週間ベー スでは2009年3月以来の大幅高だった。ユーロは円に対してはこの 日1.5%値下がりし、1ユーロ=105円64銭。一時は107円68銭 と、9月9日以来の高値に上昇する場面があった。ドルは対円で

0.5%安の1ドル=76円84銭。

米株式市場ではS&P500種株価指数が1.9%安。また商品銘 柄で構成するトムソン・ロイター・ジェフリーズCRB指数は

0.8%下げた。これらを手掛かりに円はユーロとドルに対して上昇し た。

「バズーカ砲」

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替ストラテジスト、マー ク・マコーミック氏(ニューヨーク在勤)は「リスク回避の動きが若 干出ており、それが円を押し上げている」と分析。「結局のところは、 ドイツの全方位的な説得努力が重要になる。メルトダウンを回避でき る可能性がある一方で、欧州の金融問題をすべて改善するのに必要な、 大きなバズーカ砲はまだ手に入れられそうにない」と述べた。

カナダ・ドルは0.9%安の1米ドル=1.0194カナダ・ドル。カ ナダ最大の輸出品である原油の値下がりが響いた。

シティグループは、豪ドルが米ドルに対し抵抗線となる200日 移動平均を上回るのは難しいとみている。

豪ドルのテクニカル分析

豪ドルは今月に入り5.8%上昇。前月は9.8%下落していた。 この日は1.5%安の1豪ドル=1.0186米ドル。一時1.0372米ド ルまで上げ、200日移動平均の1.0382米ドルに近づいた。

シティの主任テクニカルアナリスト、トム・フィッツパトリック 氏は顧客向けリポートで、「当社の見方で1豪ドル=1.0400米ドル 近辺というのは、豪ドルの騰勢が衰え、下落に転じる水準だ」と説明 した。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は0.7%上昇し77.17。一時は76.44と、9月16日以来 の水準まで下げる場面もあった。

メルケル独首相のザイベルト首席報道官はこの日、首相が「この パッケージによって何もかもが解決し、月曜には全てが完了している という夢物語がまたしても根を張りつつあるが、その夢の実現は不可 能だ」との見解を明白にしたと述べた。

◎米国株:反落、危機解決期待に水差すドイツ見解で-金融株が安い

米株式相場は反落。金融株が軟調になったことに加え、欧州債務 危機が早急に解決に向かうとの楽観的な見方をドイツ政府が否定した ため、売りが優勢になった。

S&P500種株価指数の銀行株指数は6.3%安。シティグループ とウェルズ・ファーゴは景気低迷と欧州絡みの市場混乱で減収となり、 株価はともに下落した。アルコアやキャタピラーなど景気敏感株も安 い。米紙USAトゥデーを発行するガネットは8.7%安。発行部数と 広告収入が減少し、減益となった。

S&P500種株価指数は前営業日比1.9%安の1200.86。先 週は週間で6%上昇していた。ダウ工業株30種平均は247.49ド ル(2.1%)安の11397.00ドル。

34億ドル相当の資産を運用するパリセード・キャピタル・マネ ジメントの最高投資責任者(CIO)、ダン・ベルー氏は電話インタ ビューで、「欧州の指導者は問題が解決に向かうということを適切な 口調で表現したがっている一方で、期待を高め過ぎることも望んでい ない」と指摘。「金融システムが健全でなければ、持続的な景気回復 は難しいだろう。加えて、相場が取引レンジの上限近くにあることも 売りにつながっている」と述べた。

S&P500種は先週、企業業績への楽観に加え、欧州首脳が域 内銀行の支援に向けて対策を講じるとの楽観的な見方を背景に上昇し た。終値ベースで約1年ぶりの安値を付けた10月3日から14日ま でに11%上げた。そのため、約2カ月間の価格レンジ1074.77-

1230.71の上限に接近した。

ユーロ圏首脳会議

ドイツ政府は欧州連合(EU)が23日の首脳会議でユーロ圏債 務危機を一気に収束させる策を示すことはないとの見解を明らかにし た。週末の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、 欧州が打ち出しつつあるソブリン債危機への対策を部分的に各国が支 持した。ギリシャのデフォルト(債務不履行)を回避し銀行の資本を 強化、危機拡大を阻止する方法が模索されている。

ウェルズ・ファーゴ・ファンド・マネジメントのチーフ・ポート フォリオ・ストラテジスト、ブライアン・ヤコブセン氏は電話インタ ビューで「欧州の問題が早急に解決されることはないだろう」と発言。 「この景気回復局面は低成長の影響を受けるかどうかで、地域やセク ターによってばらつきが出るだろう」と語った。

ニューヨーク連銀管轄地区の10月の製造業が予想を上回るペー スで縮小し、株価先物は通常取引が始まる前の時間外取引で下落した。 9月の米鉱工業生産指数は上昇。

景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル指数 は3.1%下落。ダウ輸送株平均は2.8%下げた。アルコアは6.6% 安とダウ平均の構成銘柄で最も下げがきつい。キャタピラーは3.1% 下げた。

銀行株

KBW銀行指数は3.9%下落。ウェルズ・ファーゴは8.4%安。 同社が朝方発表した7-9月(第3四半期)決算では純利益が過去最 高を記録したものの、収入が196億ドルと、前年同期から6%減少 したことが嫌気された。予想平均の202億ドルも下回った。低金利 で金利マージンが縮小した。米失業率が9.1%と高止まりし顧客が借 り入れを控える中、ジョン・スタンプ最高経営責任者(CEO)は経 費削減に注力してきた。

同CEOは発表文で、「景気回復は予想以上に緩慢で、しかも均 一ではない」と指摘、「われわれは経済環境を変えることはできない が、可変項目は制御するよう懸命に努めてきた」と述べた。

シティグループは1.7%下落。7-9月(第3四半期)決算は、 会計上の利益と不良債権による損失の縮小で利益が予想を上回った。 しかし、会計上の利益を除くベースでは8%の減収となった。

アメリカン航空の親会社AMRは6.1%下落。一時は11%下げ、 売買が停止される場面もあった。アメリカン航空はこの日、パイロッ ト労組との5年超に及ぶ協議が締結に向けて「重大な進歩」を遂げて いるとしながらも、協議を中断すると発表した。

◎米国債:上昇、10年債利回り下落-欧州危機の長期化観測で

米国債相場は上昇。一時は7週間ぶり高水準にあった10年債利 回りは押し下げられた。欧州のソブリン債危機が長引くとの懸念から、 最も安全とされる資産の需要が高まった。

米30年債は反発。ドイツ政府のザイベルト首席報道官が、欧州 連合(EU)が23日の首脳会議でユーロ圏債務危機を一気に収束さ せる「夢」は実現しないとの政府見解を明らかにしたことが背景。ニ ューヨーク連銀がこの日発表した製造業景況指数が予想以上に縮小し たことも、安全資産を求める動きを後押しした。

ミラー・タバク・ロバーツ・セキュリティーズの債券ストラテ ジスト、エイドリアン・ミラー氏は、「欧州で本当に具体的な計画が 打ちたてられるまで、市場は今後も相当な分裂状態となるだろう」と し、「欧州懸念に根差すネガティブ・リスクが全てを左右し、米国債 相場を押し上げている」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時 間午後3時42分現在、10年債利回りは前営業日比9ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)下げて2.16%。一時2.29%と、8 月29日以来の水準まで上昇する場面もあった。同年債(表面利率

2.125%、2021年8月償還)価格は3/4上げて99 22/32。

30年債利回りは10bp下げて3.14%。一時3.29%まで上昇 し、9月16日以来の高水準を付けた。

「凌いでいく」

ニューヨーク連銀が17日発表した10月の同地区の製造業景況 指数はマイナス8.5だった。前月はマイナス8.8。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値はマイナス4だった。 同指数はゼロが景況の拡大と縮小の境目となり、これで5カ月連続水 面下に沈んだ。

米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した9月の鉱工業生産指 数は前月比0.2%上昇し、ブルームバーグがまとめたエコノミストの 予想中央値と一致した。

ジェフリーズ・グループの政府債エコノミスト、トーマス・サイ モンズ氏は「ここ2週間の統計は、米景気はリセッション(景気後退) へ向かっていないと感じさせるものだったが、数字は非常に底堅いと いうわけではないことも明らかだ。従って何とか凌いでいく状態が続 くだろう」と述べた。

G20週末会合

週末の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、 欧州が打ち出しつつあるソブリン債危機への対策を部分的に各国が支 持した。これを受けて米国債相場は一時、軟調に推移していた。ギリ シャのデフォルト(債務不履行)を回避し銀行の資本を強化、危機拡 大を阻止する方法が模索されている。G20は23日の欧州首脳会議を 期限に解決策の提示を求めた。

メルケル独首相は「このパッケージによって何もかもが解決し、 月曜には全てが完了しているという夢物語がまたしても根を張り つつあるが、その夢の実現は不可能だ」との見解を明白にしたと、 同首相のザイベルト首席報道官が17日、ベルリンでの記者会見で 述べた。危機解決策の模索が「来年に入っても続くことは確実だ」 と付け加えた。

三菱UFJ証券USAのシニア米国債トレーダー、トーマス・ロ ス氏(ニューヨーク在勤)は「市場は、欧州が計画を実行できると証 明するよう強いるだろう」と述べた。

米財務省はこの日、オペレーション・ツイストと呼ばれる借り入 れコストの引き下げ策の一環として、13億7000万ドル(約1052 億円)のインフレ連動債(TIPS)の入札を実施した。この日落札さ れたTIPSの償還期限は2013年7月から14年7月。

◎NY金先物:3週ぶり高値から下落、ドル上昇で代替需要が後退

ニューヨーク金先物相場は反落。一時付けた3週間ぶりの高値か ら下落した。ドル相場上昇で代替資産としての金の需要が後退した。

ドルは主要6通貨のバスケットに対して一時0.8%高。ドイツ が示した見解で欧州債務危機の迅速解決への期待がくじかれたことが 背景。ドルは先月6%上昇した一方、金は11%値下がりした。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レ シュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「ドル高が金を圧迫し ている」と指摘。「また、価格変動が激しいため、一部の人々は様子 見している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前営業日比0.4%安の1オンス=1676.60ドルで終了。 一時は1696.80ドルと、中心限月としては先月23日以来の高値を 付ける場面もあった。

◎NY原油:反落、ドイツの見解で欧州危機解決への期待が後退

ニューヨーク原油先物相場は反落。先週末は約3週間ぶりの高値 で終了していた。欧州連合(EU)の首脳が域内債務危機を一気に収 束させる策を示すことはないとの見解がドイツから示され、市場の期 待がくじかれた。

メルケル独首相は、23日のEU首脳会議で発表される解決策で 欧州の問題が一気に収束するとの期待は「夢物語」だとの見解を示し た。NY連銀製造業景況指数が予想以上の縮小を示したことも原油売 りの材料になった。

ブルー・オーシャン・ブローカレッジのエネルギーデリバティブ と調査部門のディレクター、カール・ラリー氏は「欧州の解決にはし ばらく時間がかかり、迅速な解決策は存在しないという見方を人々は 受け入れ始めた」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物11月限は前 営業日比42セント(0.48%)安の1バレル=86.38ドルで終了。 先週末は86.80ドルと、終値では先月20日以来の高値を付けてい た。

◎欧州株:反落、ギリシャの銀行株やG4Sが安い-BPには買い

17日の欧州株式相場は反落。欧州連合(EU)は23日の首脳会 議でユーロ圏債務危機を一気に収束させる策を示すことはできないと のドイツ政府報道官の発言が手掛かり。ストックス欧州600指数は先 週まで週ベースで3週連続高となっていた。

ギリシャ・ナショナル銀行(NBG)を中心にギリシャの銀行株 が下落。オフィス向けサービスを手掛けるデンマークのISS買収で 合意した警備サービスの英G4Sも安い。一方、英石油大手のBPは 上昇。同社はアナダルコ・ペトロリアムが昨年メキシコ湾で起きた原 油流出事故をめぐり40億ドルの支払いで和解することに合意したと 発表した。

ストックス欧州600指数は前週末比1%安の236.22。一時は

1.5%上昇する場面もあった。前週までの3週連続高は4月以来の最 長。

マーケット・セキュリティーズの欧州チーフストラテジスト、ス テファーヌ・エコロ氏は「今度のEUサミットでユーロ圏債務危機の 最終解決策が提示されることはないと示唆するドイツの慎重な発言を 背景に、相場は高値から下落した」と指摘。「こうしたコメントはユー ロ圏の問題に関する解決策を見いだすことがいかに難しいかを投資家 に再認識させた」と述べた。

メルケル独首相のザイベルト首席報道官はベルリンでの記者会見 で、23日のEU首脳会議で債務危機を一気に収束させるという「夢 物語」の実現は不可能だとの見解を明らかにした。

この日の西欧市場では、18カ国すべてで主要株価指数が下落し た。

NBGは10%安の1.63ユーロ。ピレウス銀行は9.1%安の 26ユーロ・セント。EFGユーロバンク・エルガシアスは9.5%下 落の66.1ユーロ・セント。G4Sは22%急落し219.9ペンスと、 7年ぶりの大幅安となった。BPは2.2%高の425.55ペンスで終 了した。

◎欧州債:ドイツ債上昇、債務危機の早期解決期待が後退

17日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇。指標となる10年債の 利回りは6週間ぶり高水準から低下した。欧州債務危機への最新の対応 策が迅速な解決につながるとの楽観的な見方をドイツが否定したこと が背景にある。

オランダとノルウェーの国債も堅調。メルケル独首相の首席報道 官を務めるシュテフェン・ザイベルト氏は、今月23日の首脳会議で 域内の債務危機を一気に収束させる策を示すことはないとの見解を明 らかにした。ショイブレ独財務相によれば、各国首脳はブリュッセル での会議で「決定的な解決策」を示さない。

ギリシャとスペイン、イタリアの2年債はこの日、いずれも下落 した。

INGグループ(アムステルダム)のシニア金利ストラテジスト、 アレッサンドロ・ジアンサンティ氏は、市場関係者はドイツ国債の代 わりに高債務国の国債を購入する前に「サミットの結果を見極めたい ようだ」と述べ、「サミットからの確実なニュースが本当に必要だ。 周辺国内部には多くのリスクがある」と続けた。

ロンドン時間午後4時27分現在、独10年債利回りは前週末比 10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.10%。一 時は2.25%まで上げ、9月1日以降の最高を付けた。同国債(表面 利率2.25%、2021年9月償還)価格は0.865上げ101.31。2 年債利回りは8bp低下し0.58%。

パリで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総 裁会合は15日に閉幕し、ギリシャのデフォルト(債務不履行)回避 に向けた緊急対策の一部を支持した上で、23日に開かれるサミット までに計画を打ち出すよう期限を設定した。

ドイツ以外の安全な逃避先とされる国債も買われた。オランダ 10年債利回りは前週末比11bp下げ2.50%、ノルウェー10年債 利回りは5bp低下の2.72%。スウェーデンの10年債利回りは9 bp低下し1.94%となった。

ギリシャ2年債は続落し、利回りは68bp上昇の74.82%。イ タリア2年債利回りは6bp上げ4.38%、スペインの2年債利回り は3.75%と、前週末から8bp上昇した。

◎英国債:上昇、10年債利回り2.52%-英経済の先行き悪化を警戒

17日の英国債相場は上昇。英景気が悪化するとの懸念が高まった。 欧州各国は域内の債務危機の打開策を期限内にまとめようと苦戦して いる。

ドイツのメルケル首相の主席報道官を務めるシュテフェン・ザイ ベルト氏は、今月23日の首脳会議で域内の債務危機を一気に収束さ せる策を示すことはないとの見解を明らかにした。米会計事務所アー ンスト・アンド・ヤング(E&Y)の経済調査部門アイテム・クラブ はこの日、英国の景気見通しを下方修正し、イングランド銀行(英中 央銀行)は政策金利を引き下げる必要があるとの見方を明らかにした。

三菱東京UFJ銀行の為替調査部門で欧州責任者を務めるデレ ク・ハルペニー氏(ロンドン在勤)は、「ドイツの政治家が一括解決 を期待しないよう水を差し、信頼感に影響を及ぼした」と語った。

パリで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総 裁会合は15日に閉幕し、ギリシャのデフォルト(債務不履行)回避 に向けた緊急対策の一部を支持した上で、23日に開かれるEUサミ ットまでに計画を打ち出すよう期限を設定した。

10年債利回りは前週末比8ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下の2.52%。一時は2.64%まで上昇した。同国債(表 面利率3.75%、2021年9月償還)価格はこの日、0.760上げ

110.670。2年債利回りは3bp下げ0.60%となった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE