仏中銀総裁:国内銀行、内部留保利益の充当で自己資本規制に対応可能

フランス銀行(中央銀行)の ノワイエ総裁は、自己資本比率が引き上げられる新規制について、国 内銀行は「基本的に内部留保利益を充てる」ことで対応できるとの見 解を示した。パリで記者団に対し発言した。

同総裁はまた、国内銀の現状は2008年当時とは異なると指摘し、 巨額の損失がないことを理由に挙げた。「数年前との大きな違いは銀 行が不良債権を抱え、赤字に陥っていたことだ」と述べ、「現時点で は損失はないが、市場には不透明感がある」と補足した。

さらに、フランスの銀行はギリシャのデフォルト(債務不履行) に関連した損失を吸収することが可能だと付け加えた。国内銀行によ るユーロ圏周辺国の国債保有に伴うリスクは約600億ユーロ(約6 兆3300億円)で、そのうちギリシャ国債の分は80億ユーロだと述 べた。国内銀行の狭義の中核的自己資本であるコアTier1は計2 兆100億ユーロだという。

原題:Noyer Says French Banks Can Lift Capital

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Mark Deen in Paris at +33-1-5365-5066 or markdeen@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mark Deen at +33-1-5365-5066 or markdeen@bloomberg.net